麻アースデイで神麻奉納の活動告知を行いました

タグ: , ,
img_7116

7月2日.3日に京都の上賀茂神社様で開催された日本麻協会さん主催の麻アースデイに日本麻振興会として参加してまいりました。

上賀茂神社様の御神殿をお借りしまして麻の伝統というテーマで展示ブースを担当させていただき、「ご神事と麻」「お祭りと麻」「大麻布を含む靭皮繊維の歴史」をテーマに144点の大麻糸・大麻布関連展示、102点の大麻以外の靭皮繊維関連展示を行いました。

10月9日の注連縄奉納に使う精麻もご覧いただき、活動主旨をまとめたチラシも多くのご来場者様に手に取っていただくことができました。
また、神麻奉納のスピーチもさせていただき、神社の注連縄が化学繊維になっている実情を多くの方にしっていただくことができたことは大きな収穫であったと思います。

麻に興味をお持ちの方、栽培者様、麻の事業者様、織物作家様、博物館・民芸館の学芸員様、海外からの参加者様、知人・友人…本当に多くの皆様にお越しいただくことができました。

麻の魅力や伝統・文化、そして日本の手仕事の素晴らしさを、少し違った角度から感じていただけましたら幸いです。
素晴らしい機会をくださいました日本麻協会様には本当に感謝しております。

日本麻振興会としても麻の伝統・文化の発信のために、今後ともこのような展示を積極的に行っていきたいと考えております。
皆様、本当にありがとうございました。

コメントはこちら