神麻を奉納する神社が決定しました!

タグ:
IMG_6676

日本麻振興会「全国の神社仏閣に神麻の注連縄・鈴の緒を奉納する有志の会」から、奉納有志の会がまず最初に奉納させていただく神社様についてのご紹介です。

今年の10月9日に、徳島県名西郡神山町神領にあります「上一宮・大粟神社」に神麻の注連縄3本と鈴の緒1本を奉納させていただきます。

大粟神社の御祭神は、穀物・食物・蚕の女神である「大宜都比売」です。
同じく徳島県の大麻比古神社が一の宮に定められる以前から、一の宮の社格にあった由緒ある神社になります。
神山町神領という凄い地名に鎮座するだけあり、周囲は深い山に囲まれていて空気が清々しく、まさに一帯が御神域であることを感じさせてくれます。

10月9日の午前中に奉納式をしまして、午後からは御神輿の出発式、翌日には屋台も並んで、地域の子どもたちが心待ちにしているお祭りです(^^)
こんな晴れの日に奉納させていただけるとは本当に嬉しいことです。

奉納に際しての最終的な打ち合わせ、採寸、設置方法が確定しました。
当日、10月9日の朝9時から注連縄・鈴の緒の奉納(架け替え)を行います。
お手伝いいただける方大歓迎です。
こんな体験はなかなかできることではありません。よろしければメッセージをお待ちしております★

コメントはこちら