香取神宮に神麻注連縄奉納の打ち合わせに行ってきました

p

下総国一宮・香取神宮に神麻注連縄奉納の打ち合わせに行ってまいりました。

大寒波の雪が残り、キーンと頭が痛くなるような底冷えの境内でした。そんな状況でも数多くの参拝客がいらっしゃり、足繁く通われている地元の方だろうなという御年齢、服装の方が多く見受けられ、自然と交わす会釈になんとも気持ちがほっこりとしました。

まだ何時、どの社殿にという発表には至りませんが、注連縄奉納に向けての打ち合わせは順調に進んでおります。

応対してくださいました御神職様は幼少期の体験や学生時代に弓道で鍛錬された経験などからも麻への関心、深い知識をお持ちで教えていただくことが沢山ありました。
時間を忘れて会話が弾み、とても学びの多いひとときでした。

地震鎮護の要石、奥宮にも参拝することができました。
心静かに神様を感じられる清浄な奥宮。感動いたしました。

コメントはこちら