新嘗祭について教えていただきました

タグ: , , , ,
a

本日、11月23日は勤労感謝の日で祝日ですが、本来は、お米や麦、蕎麦などその年に収穫した新穀を供える宮中行事「新嘗祭」の日です。

11月23日が新嘗祭と言われる日で、新嘗祭が終わるまでは新米を食べてはならない、神様に新米を供えて五穀豊穣を感謝する日ということは何となく理解していましたが、詳しい方にお聞きしてみました。

「新嘗祭」
天皇陛下が国民を代表して五穀豊穣を祝って神様に感謝を捧げる日。
全国に新米が行き渡り、すべての国民が口にし、一番最後に天皇陛下が新米を召し上がる儀式。
農耕民族だった日本人にとって神様と天皇陛下と全国民が一つになる宗教的、文化的に一年で最も重要な日とのことでした。

勤労感謝の日が制定されたのは、1948年。第二次世界大戦後、GHQの政策によって、天皇行事から切り離されて名称を勤労感謝の日と改めたそうです。

なにっ⁉︎と一瞬思いましたが、無事に新穀を収穫できたことを神様に感謝して、生産栽培をしてくださった農家さん、関係者の皆さんの労働に感謝する日と考えれば、勤労感謝の日という名前も素晴らしい名称なのかな?と思いました。

新嘗祭の「新」は新穀を「嘗」はごちそうを意味するそうです。
新嘗祭の語源は、「新穀(にい)餐(のあへ)」の略と言われているそうです。餐(あへ)はもてなすという意味らしく「新穀を神様に供え感謝し、もてなす」ということだと教えていただきました。

遠い御先祖様たちは、美しく清い信仰心と精神で年中行事を祝い、感謝し、日々を生活してきたのでしょうね。

勉強をして少しでも生活に取り入れ、取り戻していけたらと思いました。

コメントはこちら