うみやまあひだミュゼ展示第4弾テーマは大麻の伝統

IMG_2649

三重県伊勢市の「うみやまあひだミュゼ」(https://m.facebook.com/Umiyamaaidamusee/)での自然布展も全5シリーズの4回目となりました。

今回は宵衣堂・小野さんの貴重なコレクションとコラボして、オール大麻布でまとめました。津軽こぎん刺し、襤褸、獅子舞装束、家紋幕、汗はじき、オクソザックリ、反物・糸・苧、精麻、小物など充実した展示内容になっております。

今回は、日本麻振興会が大相撲・宮城野部屋より提供いただきました横綱・白鵬関のまわしを特別展示しております。

大相撲は国技であり神事。土俵には神様がいるということで、染精麻を使って土俵をイメージした展示をしてみましたがどうでしょう?

土俵の吊り屋根の四方には色房が垂れています。これは、時計回りに、正面は黒。東は青、向正面は赤、西は白です。この4色の房がそれぞれ象徴しているのは、黒は玄武、青は青龍、赤は朱雀、白は白虎です。また、この4色は方角も表しています。黒は北。青は東、赤は南、白は西です。
※黒に染めた精麻が無くて、神社の五色では黒の代わりに紫を黒として使うこともあることから紫の精麻を使用しました。

お伊勢参りとともに是非お立ち寄りください。皆様のご来場お待ちしております。

展示風景
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1084108258390714&id=100003746514680

自然布展
うみやまあひだミュゼ伊勢
三重県伊勢市本町20-24
土日祝日 10時~17時
入場料 500円

コメントはこちら