大横綱・白鵬関に神麻を奉納いたします

image1

日本麻振興会では、日本の国技・相撲の最高位にあって輝かしい成績を残し、かつ今なお更新し続けている大横綱・白鵬関が締める綱の神麻を毎年奉納させていただいております。

大相撲東京場所が始まる前に毎回、部屋の力士が総出で作るのですが、今年も来年の綱打ちに使用する神麻を奉納する時期となりました。

強いから横綱なのではなく、神麻を使った横綱を締めて、はじめて横綱なのであり、その存在は神の依り代とされています。

日本の伝統を守ってきた、そして日本の文化・伝統に無くてはならない麻の利用方法を知っていただきたい。

その想いから普段、このような場で呼びかけすることはないのですが神麻奉納の有志を募らせていただきます。
日本麻振興会の会員として責任を持って皆様のお気持ちを届けさせていただきます。

メッセージを戴けました方には詳細をご説明させていただきます。

コメントはこちら