麻の建材を使用した小屋が完成しました

img_9263

静岡県浜松市にあります障害者自立支援施設「トータルケアセンター」のオーガニック和綿畑に、麻炭と麻の断熱材を敷き詰めた50㎡(16畳)の「麻の小屋」を建てました。

床下には、ヘンプ断熱シートと麻炭を敷き詰め、内壁と天井にもヘンプ断熱材を詰めました。
壁は麻すさ漆喰、腰板には麻炭を混ぜた漆喰を塗り、天井には麻炭紙を貼ってシックに仕上げました。

塗ったばかりの漆喰はけっこう強烈に臭うのですが、麻炭の脱臭効果で全然気になりませんでした。麻炭はやはり凄い!

漆喰の利点
・日本の風土に合った湿度調節機能があり快適に過ごせます。
・化学物質を含まない自然素材を利用するため高い安全性があります。
・消石灰の持つ強アルカリ性で高い殺菌、抗菌性があります。
・不燃材料のため燃えても有毒ガスを発生させず、防火性能があります。
・化学物質過敏症の原因「ホルムアルデヒドを吸着分解する」機能を持ちます。

日本麻振興会では、ご自宅のDIYを応援致します。
ご自宅の一部分だけの改装であれば材料さえあれば誰でも簡単にできますよ。麻炭が欲しい、麻の断熱材が欲しい、麻すさが欲しいという方はお気軽にメッセージくださいませ。

コメントはこちら